関口和之による解説

1930年代、ティン・パン・アレイの作家たちは行ったこともないハワイを夢想しながらパラダイス感たっぷりの曲を作りました。この曲は僕が行ったこともないタヒチを夢見ながら作ったものです。(笑) もうひとつ言うと、古代ハワイアンはタヒチから海を渡ってやって来た人たち、つまりハワイのルーツはタヒチにあるそうです。少々エキゾ・サウンドの要素も入れながらパラダイスな世界を構築してみました。キヨサク君の声も気持ちいい。2010年代のリゾートミュージックとして聴いてもらえたら嬉しいです。