title
(渚エリ 1963) 作詞:山上路夫/作曲:鈴木庸一

 
昭和30年代はニュー・リズムの時代。55年のマンボ・ブームに端を発し、チャチャチャ、カリプソ、ボサノバ、スクスク、パチャンガなどの外来リズムをセールス・ポイントにしたいわゆる企画物の歌謡曲が大量に作られました。タヒチで生まれたという「タムレ」もそのひとつ。「東京タムレ」(63年)を唄う渚エリは当時“タムレ娘”として売り出されました。国産タムレといえば、同じ63年の谷啓の「愛してタムレ」なる曲もあります。作曲家の鈴木庸一は、国産オリジナルのリズムドドンパの代表曲「東京ドドンパ娘」(61年)、さらに後には、青江三奈「伊勢崎町ブルース」(67年)などのヒットも放ちました。
 
pic
 
楽曲を聴いたり、VIDEO CLIPをご覧になるには、
REAL PLAYERもしくは、Windows Media Playerが必要です。

close
 
CAUTION!
このホームページに掲載されている
記事、写真、音声、映像等あらゆる素材を、
いかなる方法においても無断で複写・転載
することは禁じられております。
無断で個人のHP等にデータをコピーすることはできません。
Copyright(c)Victor Entertainment, Inc. &
Amuse, Inc. All rights reserved.